子宮頸がん予防接種について

 
 
HPVワクチンで
子宮頸がんを予防しましょう!
  •  
子宮頸がん予防接種
(HPVワクチン)に
ついて
 ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性的接触のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。子宮頸がんをはじめ、肛門がん、膣がんなどのがんや、尖圭コンジローマ等、多くの病気の発生に関わっています。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。HPVワクチンで子宮頸がんを予防しましょう。

<ワクチンの種類>

 令和5年4月1日より、今までの2種のHPVワクチン(2価:サーバリックス、4価:ガーダシル)に加えて、9価:シルガードが公費で受けられるようになりました。病院や診療所で相談し、3種のうちどれか1種類を接種します。
ワクチンの種類や初回接種年齢によって接種の間隔や回数が異なりますのでご注意ください。

 9価HPVワクチン(シルガード)とは!?

 HPVにはいくつかの種類(型)があり、9価ワクチンは、このうち9種類のHPVの感染を防ぐワクチンです。その中でも、子宮頸がんの原因の80~90%を占める、7種類のHPV(HPV16/18/31/33/45/52/58型)の感染を予防することができます。

 

<接種スケジュール>

[2価または4価]
🌼2価ワクチン(サーバリックス)

1回目の接種を受けた1か月後に2回目を、6か月後に3回目の接種を受けます。

🌼4価ワクチン(ガーダシル)

1回目の接種を受けた2か月後に2回目を、6か月後に3回目の接種を受けます。

接種回数は、サーバリックス(2価)・ガーダシル(4価)ともに3回です。
※通常、接種完了までには約6か月かかりますので、余裕をもってご予約ください。

一般的な接種スケジュール


 [9価]

🌼9価ワクチン(シルガード)

1回目の接種を受けるときの年齢によって接種のスケジュールが異なり、合計2回または3回接種します(※)。

いずれの場合も、1年以内に規定回数の接種を終えることが望ましいとされています。

(※)合計2回の接種で完了できる方は、1回目の接種を小学校6年生の年度から15歳の誕生日の前日までに受け、その後、5か月以上あけて2回目の接種を受けた方です。


<一般的な接種スケジュール>

※1: 1回目と2回目の接種は、少なくとも5か月以上あけます。5か月未満である場合、3回目の接種が必要になります。
※2・3: 2回目と3回目の接種がそれぞれ1回目の2か月後と6か月後にできない場合、2回目は1回目から1か月以上(※2)、3回目は2回目から3か月以上(※3)あけます。

 

<定期接種の対象>


富士河口湖町に住民登録がある 小学校6年生から高校1年生相当年齢の女子

※標準的接種年齢が13歳になる年(中学1年生)のため、今年は中学1年生から高校1年生相当年齢の女子(平成20年4月2日~平成24年4月1日生まれ)方が対象となります。

※令和7年3月31日で子宮頸がんキャッチアップ接種の制度が終了するため、高校1年生の方は今年度中に接種を完了しないと公費(無料)で接種できなくなってしまいます!

※すでに2価及び4価の予診票をお持ちのかたで9価を希望される方は予診票の差し替えが必要になります。お手元の予診票を持参のうえ健康増進課の窓口までお越しください。予診票の差し替えをいたします。(キャッチアップ接種の対象の方も同様の対応です。)

<接種期間>

小学校6年生の4月1日から高校1年生相当になる年度の3月31日まで

<既に2価および4価で1回目または2回目までを接種済みの方へ>

原則として同じ種類のワクチンを接種することをお勧めしますが、医師と相談のうえ、途中からシルガード9に変更し、残りの接種を完了させることができます。この場合も定期接種の対象となります。また、キャッチアップ接種の対象の方も、途中からシルガード9に変更し、残りの接種を完了させることができます(※)。
なお、サーバリックスまたはガーダシルで接種を開始し、定期接種としてシルガード9で接種を完了させる場合は、シルガード9の接種方法にあわせ、1回目と2回目の間隔を1か月以上、2回目と3回目の間隔を3か月以上あけて接種します。
(※)異なる種類のワクチンを接種した場合の効果と安全性についてのデータは限られています。

<接種費用>

無料

※対象者が接種期間内に町の予診票(オレンジ色)を使って、指定医療機関で接種した場合に限ります。
※接種期間を超えたり、富士河口湖町民でなくなった場合には町の予診票は使用できません。
※対象年齢を過ぎると任意接種となり有料になります。
※指定医療機関で接種した場合、一部自己負担となる場合があります。

<実施場所>

🌷HPVワクチン個別接種実施医療機関名簿🌷でご確認いただき、直接、実施医療機関へご予約ください。

必ず事前に医療機関へ予約してください。


<持ち物>

◎予診票
◎健康保険証
◎母子手帳

 

 

🌸子宮頸がんワクチンリーフレット🌸
🌸国立がん研究センターリーフレット🌸

🌸厚生労働省HP🌸

平成9年度~平成19年度生まれの方はこちら

🌸キャッチアップ接種について🌸(町HP)
🌸キャッチアップ接種について🌸(厚生労働省HP)

次に当てはまる方は
健康増進課(72-6037)までご連絡ください。

・富士河口湖町に転入された方でお手元に予診票がない方
・小学6年生の方で接種を希望する方
・予診票を紛失された方
・指定医療機関外で接種希望の方
・その他質問等のある方
 



予防接種とあわせて、20歳を過ぎたら2年に一度の子宮頸がん検診を!

この情報はお役に立ちましたか?

いただいたご意見は掲載内容改善の参考とさせていただきます

この情報はお役に立ちましたか?




  投票しないで結果をみる

健康増進課


〒401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
電話 : 0555-72-6037(直通)

お問い合わせはこちら

富士河口湖町役場 〒401-0392 山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地
TEL:0555-72-1111(代表)/ FAX:0555-72-0969
開庁日時/月〜金曜日 午前8時30分〜午後5時15分(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

TOP